絶対に後悔したくない!?ペット霊園を選ぶときのポイントをわかりやすくご紹介!

このサイトでは、ペット霊園に関する幅広い種類の情報をご紹介しています。
絶対に後悔したくない人のための、霊園を選ぶときのポイントについても、わかりやすくご紹介しています。
霊園をこれから選ぶ予定のある人も参考にできます。
個別墓や合祀墓・納骨堂の3種類が揃っているペット用の霊園があるという情報も、このサイトを見れば知ることができます。
供養祭を行っているペット用の霊園なら安心できるという情報も、このサイトではご紹介しています。

絶対に後悔したくない!?ペット霊園を選ぶときのポイントをわかりやすくご紹介!

後悔をしないでペット霊園を探すためには、最適な探すためのポイントを知っておいた方がおすすめです。
ペット霊園を探す時の重要なポイントの一つとなるのが、自宅から霊園までの距離です。
頻繁にお墓参りに行くことを希望している場合には、自宅からできるだけ通いやすい場所にある施設を選んだ方が最適です。
電車の駅から歩いていけるような場所にある施設ならば、さらにお墓参りがしやすくなります。
利用できるお墓のタイプも、選ぶ時の重要なポイントです。

愛犬や愛猫などペットのお墓?そもそもペット霊園とは?

"

ペットが亡くなると悲しいですが、人間と同じようにペット霊園で供養することができます。
ペット霊園とはそもそもなんなのか気になるかもしれませんが、ペット霊園とは簡単な話がペット用の霊園となります。
ペットの墓を作ることができますから、人間と同じように墓参りなどをして定期的に会いに行くことが可能です。
愛犬や愛猫を飼っていた飼い主が利用することになりますから、早めにペット霊園の存在を知っておくと役立つと考えられます。
ペット霊園側が管理をしてくれますから、毎日のように掃除をしに行くようなことはしなくても大丈夫です。
サービスを利用できる場所はたくさんありますが、ペット霊園によって環境や雰囲気にも違いがあるので実際に利用する場合は事前に下見をしておくと安心できます。
ペットにお墓を用意する飼い主は近年増えていますし、供養をする場所を用意することができれば、その後の人生も前向きに生きられますし充実する可能性が高いです。

"

事前に知っておきたい!ペット霊園の費用相場

ペット霊園はペット専用のお墓、火葬施設は自宅まで特殊車両で来てくれる訪問と霊園施設の2つがあるといいます。
一般的には、ペット霊園のお墓を利用する人が火葬も利用するイメージがあるのですが、他の場所で火葬を行った場合でも利用ができますし、逆にペット火葬だけをお願いすることお可能です。
なお、ペット霊園には自分が飼っていたペットだけが入ることができる個別墓地や納骨堂と他のペットと一緒に眠ることができる合同墓地などの種類があります。
個別と合同を比較すると個別に安置する方が価格が高くなりますし、ペットの大きさや種類などでも費用相場は変わります。
例えば、個別葬で小型犬や猫などの費用葬は25,000円前後、中型犬は30,000円前後、大型犬は40,000万円前後でゴールデンリトリバーやシェパートなどの特大種になると50,000円前後といわれています。
これらの金額はあくまでも相場になるのですが、安いところなどの場合は管理などをしっかり確認しておきましょう。

ペット霊園の納骨堂は個別に遺骨を安置できる

ペット霊園のお墓はペット1匹分を個別に安置できるお墓と、複数のペットがまとめて安置される合同墓などの種類があります。
合同の場合は他のペットなど友達と一緒に永遠の眠りに入れるなどのメリットがあるわけですが、飼い主さん中には他のペットと一緒だと悲しいなど考えてしまう人も多いのではないでしょうか。
遺骨の安置方法として最近注目を集めているのが納骨堂ですが、このようなお墓もペット霊園で用意してあるところが増えています。
人間の場合は、お墓を購入するとなると高額だし自分が死んだ後に子供たちに余計な負担をかけたくないなどの理由で納骨堂を選択するケースが多くなっていますが、ペット霊園でも同じことがいえます。
ペット霊園にもよりますが、骨壺を並べて安置できるラックのような棚が設けてあるところや仏壇のような場所に骨壺ごと遺骨を安置するタイプなどの種類があるので、どのような種類が有るのか利用前に確認しておきましょう。

ペット霊園はペットにとって友達がたくさんいるので寂しくないメリットがある

ペット霊園を利用して飼っていた動物を供養することには、さまざまなメリットがあります。
ペット霊園を利用する大きなメリットとしてあげられるのは、亡くなったペットが寂しい思いをしなくても済むことです。
死んだペットが孤独を感じなくても済むのは、ペット霊園には多くの友達がいるからです。
ペット霊園には他にも同じように、人間に飼われていたペットが埋葬されているために、孤独な思いをしなくても良いようになっています。
孤独が苦手だったペットの場合には、合同葬を利用してお弔いをする方法もおすすめです。
この方法では亡くなったペットが一緒に火葬されます。
ペットを同時に火葬するために、それぞれの動物の遺骨が混じり合うのが特徴です。
そのために、どれがどのペットの遺骨であるか識別できなくなってしまうので、それぞれのペットごとに分骨はできません。
納骨も火葬をしたペットの遺骨をまとめておこないます。
納骨も他のペットと一緒にしてやれば、さらに寂しい思いをしなくて済みます。

ペット霊園に関する情報サイト
ペット霊園の選び方

このサイトでは、ペット霊園に関する幅広い種類の情報をご紹介しています。絶対に後悔したくない人のための、霊園を選ぶときのポイントについても、わかりやすくご紹介しています。霊園をこれから選ぶ予定のある人も参考にできます。個別墓や合祀墓・納骨堂の3種類が揃っているペット用の霊園があるという情報も、このサイトを見れば知ることができます。供養祭を行っているペット用の霊園なら安心できるという情報も、このサイトではご紹介しています。

Search